日々これ馬なり

lastblaze.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 12日

珊瑚冠賞

今日は高知競馬でサラ重賞の1つ、珊瑚冠賞が行われました。
この時期の重賞というのは3歳も参戦してきてどこまでやれるかという結構楽しみもあります。
私のこのレースでの注目馬はシルキーゲイルでした。
ちょうど堅田騎手が引退する日に建依別賞(だったかな)で騎乗していた馬です。
ここの所サラのA級はそう抜けた馬がおらず勝ち馬がころころ変わっているような感じでした。
それだけに前走強い勝ち方をしていたこの馬がどういうレースをするか気になっていたのです。
d0089433_21202642.jpg


あと高知ではめったにやらない1900mという距離が各馬にどう影響するかも見物のひとつです。

レースは1周目はマリスブラッシュが引っ張る状況。
d0089433_21233555.jpg


シルキーゲイルは先団を見られる中団前目での位置。
そのまま2周目の向こう正面。
ここから徐々にシルキーゲイルが先団に取り付いて行きます。
同時にこの馬より前目にいたマイネルリチャードも一緒に上がって行き、3コーナー付近より2頭の叩きあい。
4コーナーを回りきるまではゲイルが前に出たりマイネルが前に出たりしていましたが直線の入り口では鼻面を並べての叩きあい。
直線に入ってからは徐々にマイネルリチャードがシルキーゲイルより少し前に出た状態で追い比べ。
d0089433_21323780.jpg

d0089433_2133037.jpg

d0089433_21332122.jpg


ゴールではクビほどの差をつけてマイネルリチャードが勝ちました。
d0089433_21383124.jpg


次の重賞は高知県知事賞、さらに距離が長くなり2400mとなります。
1900mのこのレースを勝ったこの馬が主役になるのか、それとも別の馬が勝つのか楽しみです。

おまけ
本馬場入場のとき花本騎手と話してて笑っていた赤岡騎手
d0089433_21432489.jpg



それから重賞の写真取るときはいつものところ以外で写真取るのですがそこで今日はちょっと試したことがあります。
返し馬の写真ですが2枚UPします。
まずいつものところでの撮影
d0089433_2145240.jpg


今日試したところでの撮影
d0089433_2145479.jpg


さて違いがわかるでしょうか?



大きく違うのは撮影している高さですね。
いつもの場所からですと大体騎手の高さがこちらが構えているカメラの高さとなります。
それに対し下の写真はそれよりずっと下。
いったいどこから撮ったかというとコースの外ラチに側溝があるのですがその中に入って地面の高さから撮りました。
内馬場の同じような高さから撮るともっと面白い写真も撮れるのでしょうがさすがにそれは無理でしょうしね。
レンズとの兼ね合いや馬との距離もありあんまり変わり映えしないような感じになったのは残念でした。
また今度本場に行った時変わった写真撮れればな、と思います。
[PR]

by lastblaze | 2006-11-12 21:51 | 高知競馬


<< 再度順延ですか      近況メールにて >>