日々これ馬なり

lastblaze.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 25日

ウインのメール

朝書いた2頭のメールです。

ウインのメールより転載

ウインカスケード

6/24(日) 函館 7R 3歳以上500万下 ダ 1000 57 津村 明秀 12/12着

津村明秀騎手
 状態が本物でないのは感じていましたが、ここまでとは思いませんでした。
いつもなら掛かり気味にハナに行ける馬が、今日は押しても中団が精一杯という有様でしたからね。
後半は無理せずに回ってきただけですから着順は気にしなくてもいいですが、ひと息入れて立て直さないと難しいでしょうね。

鈴木伸尋調教師
 津村からあまりよくないという報告は聞いていましたが、ここまでとはね。
結果的に、一回無駄に走らせてしまいました。
このあとはもちろん放牧。
ファンタストの木村育成へ出して、札幌開催を目指して立て直します。
無様な競馬をお見せして申し訳ありませんでした。

片山の目
 輸送による熱発のアクシデントがあった旭川戦。
あそこから立ち直るのに馬自身がかなり苦労しているようで、今日の内容を見ればまったく本調子にないことがわかります。
道内に放牧して、輸送時間が短い札幌を目指すというのはうなずけるリカバリー策。
今回は度外視ということでお許しください。


ウインイージス

6/24(日) 函館 10R 3歳以上500万下 芝 1200 57 勝浦 正樹 3/16着

勝浦正樹騎手
 大き過ぎるぐらいトビが大きい馬で、ゲートは五分に出ているのに周りの馬たちとは完歩を繰り出すテンポが違うんです。
それでサッと前に行くというわけにはいかないんですね。
それでも外をジワジワ上がって行って、直線に向いたところでは一瞬勝ったかなと思ったんですが、もうひと息足りませんでした。
でも、力は十分ですし、良馬場ならいつでもチャンスでしょう。

佐々木晶三調教師(阪神競馬場でモニター観戦)
 以前ほど行けなくなっているねえ。本当は1400mぐらいがいいのかもしれないけど、函館でそんなことを言っても始まらないからね。
幸いクモズレの不安はなくなっているというし、少なくとも中1週は開けてやって、天気のいい週に使いましょう。
せっかくの優先権ですから大事に使わないと。

片山の目
 テン乗りの勝浦騎手から「道悪は下手そうですね」と一発で見抜かれるほどの大きなトビ。
デビューの頃からずっと言われていたことです。
それでも、最近はクモズレの心配がなくなったそうですから、フォームの微調整は少しずつでもできているのではないでしょうか。
とにかく、この函館で500万クラスを卒業するのはイージスに課せられたノルマ。
なんとかしてくれるはずです。


高知競馬で昨日黒潮ダービーが行われました。
残念ながら昨日は見に行けず。
他の人のブログで写真見ていて気づいたことが。
ゼッケンがゴム製のゼッケンになってました。
今なんでかということを問い合わせてみていますが作ったけど雨だから製作した方が使わせなかったのでしょうか?
それとも作らなかったのでしょうか。
作らなかったのであれば以前から作成する人いなければうちで作りますといっていたんですけどね。
ちょっと返事が来るのを待ってみたいと思います。
[PR]

by lastblaze | 2007-06-25 12:10 | 一口


<< ネタなし      レベル16 >>