日々これ馬なり

lastblaze.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 30日

まだ迷い中

昨日は講習会で1日吹っ飛びました。
講習後に試験があったのですが意味はないそうで。
ならやってもしょうがない気がするのですが。
また来週の火曜日に1日講習。
面倒くさい。


阪神競馬場遠征のことまだ悩んでいます。
高速バスで阪神入りするならチケット売り場が閉まる18時がタイムリミット。
明日飛行機で大阪入りするのであればまだまだ悩めますが1万割り増しになります。
どうするかな……。
いくことになった時のためにデジ1眼のバッテリーは全て充電済み。
すぐに動ける態勢にはしています。
赤岡騎手の騎乗はWSJSの4鞍だけかと思ったら他にも騎乗依頼があったようで。
土曜日は3,5,6、8,9,11Rと騎乗があります。
日曜日は1,2,3,4,8,10,12R。
結構集まりましたね。
騎乗手当てだけで結構稼ぐこと出来ますよ。

写真撮りにいく人もいるようなのでちょいアドバイス。
パドックは阪神撮り辛いのであらかじめ1,2R辺りでどこがいいか試し撮りしておく事をお奨めします。
私が大体撮ってるとこは東の馬主席のすぐ横、3,4段目くらいのところ。
そこで撮るとパドックのラチも邪魔にならず真正面から馬が撮れます。
でっかいカメラを持った人がちょこちょこ同じ位置で撮ってるので大体分かりますよ。
それから土曜日の8,9R、日曜の1~4Rのように連続騎乗の時はパドックでは馬にまたがりませんのでいても騎手の写真は撮れません。
(間に昼休みを挟んだ後のレースは騎乗します)
土曜の9RはWSJSの1R目なのでもしかしたら連続騎乗でも騎手がパドックでまたがるかもしれませんが。

本馬場入場は芝はウイナーズサークルから馬場入り。
なのでウイナで待ってると騎乗した状態の写真が撮れます。
ダートはたすきコースと障害コースの交わってるところくらいからの入場なんでスタンドからは撮れません。
これを撮りたい時は内馬場の馬券売り場の屋上が観戦できる所になってますのでそこから撮りましょう。
返し馬に向かう方向はスターティングゲートがある方向。
スタンド前でスタートする時は4コーナー向けての返し馬、向こう正面でのスタートの時は1コーナー向けて返し馬を行います。
なのでスタンド側でスタートする時は返し馬の写真を撮るチャンスです。
スタンド側でのスタートの時は輪乗りの状態でも写真撮れますので。

後レース。
芝のレースでゴール前というのはラチや植え込みが高くスタンドの一番前に陣取って写真撮ると余計なものが写ってしまいます。
禁止されている箱乗りして高いところから撮らないとまず無理です。
この馬、この騎手と決めているのであれば直線に坂があり200m付近の所で坂を上りきるのですが
上りきった辺りのところから4コーナー向けてカメラを向ければちょうどラチや植え込みも邪魔にならず写真が撮れます。
一方ダートのレースはどうしても芝コースとダートコースを隔てるラチが邪魔になります。
望遠レンズの性能のいいのを持ってる人はスタンドから撮るのも手です。
他にダートコースを撮るのであれば内馬場の馬券売り場の屋上ですね。
あそこだと結構きれいに撮れます。
ただ狙った馬が外を回ると撮れない場合がありますのでその辺は馬の枠番と展開を予想してどうするかを決めるようにした方がいいです。

どんな写真が撮れるのかサンプルを見てみたい方はうちのHPの写真館に阪神競馬場での写真がありますのでそちらを見てください。
大体言った位置で撮るとこんな感じで撮れます。


競馬伝説の方では一昨日プレイオブカラーがOP優勝。
昨日僚馬のプリケリマと放牧に出ました。
目標は帝王賞となります。
脚質変更も視野に入れていたプリケリマ、先行脚質に変えました。
これが吉と出るか凶と出るか。
まず影響してくるのはごっそり減った馬体重。
ある程度調整期間はありますが特盛飼葉などの高級餌で一気に馬体重戻さないといけませんね。

今日来た近況メールでは全馬元気。
6歳のバタフライフェザーはほぼ3シーズンピークが続きます。
どこまで頑張れますか。


札幌の方はちょっと嬉しいことが。
2歳でスタミナがCで止まると思っていた馬がそれを超えてBの領域まで伸びました。
森林馬道無しで調教していてダート、芝ではなく坂路とウッドで調教していたためスタミナは伸びずに
パワーが突出して伸びていたようです。
スタミナが何とかA辺りまで伸びてくれると嬉しいですけどね。
[PR]

by lastblaze | 2007-11-30 14:06 | 高知競馬


<< 断念      もうすぐ2歳戦 >>