日々これ馬なり

lastblaze.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 23日

馬も人も勝てず

まずは今週の鷹野騎手。
6鞍騎乗があり2着がありました。

土曜
15着(14番人気)、2着(8番人気)、11着(15番人気)、12着(15番人気)

日曜
14着(13番人気)、9着(10番人気)

2着というともう少しと思いますが8馬身差なんでどうなるもんでもありません。
ただこのまま乗り続けることができれば勝つ順番は回ってきそうな感じです。
他に土曜日はフラワーCに騎乗。
初の重賞騎乗でしたっけ?
10着には入れてれば賞金も入ったのですがその辺は仕方ないですかね。

来週までは3場開催。
特に日曜は高松宮記念がありトップジョッキーは中京に集まります。
ここで少しはいい馬騎乗して何とか初勝利といってもらいたいですけどね。


一口の方では2頭出走ありましたが勝てず。

まずはウインスペンサー。
控えるかも、といっていたのですが結局ハナへ。
最後後ろの馬に捉えられ2着となりました。
もうちょい最後切れる脚あればいいのですけどね。
このままの競馬続けていれば勝つ順番は回ってくるでしょうか。

ウインメルサより転載

3/23(日) 阪神 7R 4歳以上500万下 ダ 2000 57 武 豊 2/9着

武豊騎手
 先生からは「ジワッと行ってくれ」という指示を受けました。
どちらかというと抑えが利かない馬ですから、難しい注文だなあと思っていましたが、今日はうまくいきました。
多分、初めて着けた耳覆いのメンコが効いているんですね。
最後に外から切れる脚を使ってやってきた馬には差されましたが、久々にいい内容だったんじゃないですか?
今日はノドも気になりませんでしたから、状態自体も未勝利を勝ったころのそれに戻ってきているんだと思います。

池江泰郎調教師
 最後は決め手の差が出てしまったけど、今日みたいに前半を抑え気味に運べればアテにできるね。
メンコが効いているみたいだから、次もこれで行きます。
距離も十分にもつことがわかったし、選択肢の幅が広がりました。

片山の目
 急遽の連闘でしたが、それでも一応の時計を出しての臨戦。
川辺調教助手も「けっこう攻めたと思ったのに、それでもプラス体重とはね」と驚いていました。
まだ最適の条件がつかめたとは言えませんが、舌しばりが功を奏して武豊騎手にもノドの異常を
言われないところまで来たのはなによりでした。
ないものねだりなのかもしれませんが、決め手が身に着けばもっともっとランクアップして行けるはずの馬です。


次はウインプログレス。
連闘で-10kg。
これはどうみたらいいんでしょうかね。
あんまり良くはないのでしょうか。
レースの方は相変わらず出脚がつかず。
もうちょい前目につけられれば良かったのですけど。
最後も差を詰められずに終わりました。
ただ着順は悪かったですけどまずまずのレースだったと思います。

ウインのメルサより転載

3/23(日) 中山 12R 4歳以上1000万下 ダ 1200 56 田中 博康 12/15着

田中博康騎手
 返し馬で持って行かれそうな雰囲気だったので、ダクでじっくりやりました。
マイナス10キロでしたが、元気だし、体調はよさそうに感じました。
ゲートは少し頭を上げたときに切られたので遅れは仕方ないところです。
それでも3コーナーからは行き脚がついたし、1400mぐらいなら十分に対応できる馬だと思いました。
今日はさすがに追走に忙しかったですね。

浅見秀一調教師(中京競馬場でモニター観戦)
 スタートで挟まれて最後方からの競馬になってしまったからねえ。
まあ、左右の馬よりも出るのが遅いから挟まれるわけで、それがこの距離の経験の差ということだろう。
慣れてくれば短距離でもやれそうだけど、好きこのんで使うべきかどうかは・・・。
そろそろ蹄鉄を打つ隙間がなくなってきているので、次からはエクイロックス
(接着剤で貼り付けるタイプ)で臨むことになります。
今回は美浦に一旦入厩せざるを得なかったのが、体重減につながってしまったね。

飯塚の目
 3コーナー手前からスッと上がって行けたときは、十分に対応できているなと思いましたが、
ジョッキーは「先団まで取り付くつもりだったのに、あそこまでしか行けなかった」と、
やっぱり馬自身がペースに戸惑っていたことを明かしてくれています。
着差は僅かだったとはいえ、この馬の適距離はもう少し長いほうがいいようです。
とはいえ、次に距離を延ばしたときに、この経験が生きる可能性は大いにあるはずです。
[PR]

by lastblaze | 2008-03-23 19:23 | 一口


<< 除外が心配      登録できず >>