日々これ馬なり

lastblaze.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 31日

引退決定

どうするか悩んでいたトゥルーブレイズとハナノイノチですが引退させる事に決めました。
トゥルーブレイズは今日のオーロCで、ハナノイノチは明日放牧から戻ってきますので12月3週までに1回使って引退です。
両馬とも1頭づつ生産しておきたいですから。
トゥルーブレイズの方は牝馬であればヒゲ牧場さんに行きます。
牡馬は超早熟でなければ調教してみるつもりですが間に合うかな?
間に合わないだろうな。
自分で使うか低レベルの人に使えるようになったらあげるかします。

サクセサーの方は疲労残りと言う事でしたがダチョさんに聞くと
「■疲労の文字のところより下なら無問題」
つーことでしたのでとりあえず一安心。
あとは登録馬の数が現状17頭。
これ以上増えて500万下の馬での抽選は勘弁してください。
除外食らいたくないです。
仮にもし除外食らったら次の日の京都2歳S使います。
その場合はラジオNIKKEI賞は無理で京成杯使うことになるでしょうね。
[PR]

by lastblaze | 2006-10-31 23:03 | 競馬伝説
2006年 10月 31日

ちょっと疲労残り

気の早い事に昨日東スポ杯2歳Sに登録したサクセサーの状態を見に早速厩舎へ。
飼い食いが良かったのか+6kg。
これが調教に微妙に影響しました。
本来の予定であればゲート2本やっておいて餌を食べさせる予定だったのですが馬体を絞るために
コース追いを1本しなくてはならなくなりました。
まずコース追いやっておいてゲート1本。
やはり予定より疲労が大きい。
何とか餌をやってほとんど疲労が残らない状態にまではなりましたが若干疲労残り。
ゲートもロケットスタート覚えてない感じでしたし。(コメント見るの忘れました)
これらのことがどう影響してくるか。
一応時計をフリレで計ってみると大体予定していた時計は出せる状態にはなりました。
後は絶好枠に入ることを期待しています。

今後のローテーションは一応ラジオNIKKEI賞を予定しているのですが今回目イチの仕上げ。
調子を合わせるには一度放牧に出さないといけません。
ゲート練習もやりたいのですが馬体を絞るにはそれやってると間に合わない感じ。
あと併せやると疲労も残りますし。
どうするかは明日走ってから考えますか。
[PR]

by lastblaze | 2006-10-31 08:36 | 競馬伝説
2006年 10月 30日

無事に

今日出走した馬は無事に1着取れました。
これで14勝目、レベル10へもあと1勝となりました。

明日はトゥルーブレイズがオープン再挑戦。
どうなるでしょうね。
今日は短いけどこれで終わり。


一口の事ではユーワホースクラブがリニューアルしましたね。
仕入れルートが変わったようです。
ウインラディウスの下もいました。
母の父がマルゼンスキーだと体の線が綺麗な馬が出やすいらしいのですがこの馬も体の線が綺麗ですね。
この血統をほとんど預かっている藤澤調教師で文句はありません。
ただ個人的にこの血統見てきている私個人の勝手な意見として牝馬に出るとこの血統
切れる脚使える感じではないんですよね。
あと気性が難しい面も顔をのぞかせていて。
もしユーワの会員であれば出資していますけどどうなるでしょうね。
募集価格からいうとウインも手が出ないわけではない価格の馬、ウインで募集して欲しかったです。
[PR]

by lastblaze | 2006-10-30 23:06 | 競馬伝説
2006年 10月 30日

色々

色々と…。

まず一口。
昨日出走したウインルーシッドは14着に終わりました。
もし出戻り制度を使ったとしても今回一緒に走った馬たちが相手。
とてもじゃないですけど勝ち星を狙える体制で出走できるとは思いません。
メールでもこのメンバー相手で走るのは厳しいと言っていたのでこのまま繁殖入りでしょう。
しょっちゅうスクんでいた馬で体質の弱さが致命傷になりましたね。

牝馬に出資すると言うのはリスクがある反面夢のあることでもあります。
リスクと言うのは良血馬であればあるほど後々の繁殖がありますので競走では故障するほど走って欲しくないことが
結構あります。
それにより「まだやれるだろう」と思っていてもスパッと引退させられることがあります。
反対に夢というのはバイヤー系のクラブだと出てこないことがほとんどなのですが、牧場系のクラブだと
その仔に出資できる可能性が高くなることです。
自分が出資した仔にまた出資するというのは長いことこの趣味やってないと出来ませんが嬉しいことです。


昨日は高知競馬へ行ってきました。
競馬場で色々と話をする人がほとんどいなくなり足が遠のいている現状ではありますけど
競馬場の雰囲気はいいものです。
午後1時半くらいからレース写真ばかり撮ってました。
中央では未勝利戦がなくなる時期ということもあり3歳馬が入ってきてましたね。
これらの馬たちで高知競馬にあう馬がいれば上の方まで上っていけるでしょうから楽しみです。
あとは黒潮菊花賞馬レッドスターリリー。
何とかゴール前ハナ差粘りきり勝ちました。
この馬も11月にある珊瑚冠賞出てくるのかな?
出てきてくれると楽しみが増えるのですが。
古馬の方は昨日はシルキーゲイルが完勝でしたね。
建依別賞では勝てませんでしたがこのレースを見ると十分勝ち負けできそうです。


競馬伝説の方は昨日のスワンSのトゥルーブレイズは4着。
いい方に紛れれば走ることできるかもしれないでしょうけど持ち時計からすると勝てないタイム。
納得の敗戦です。
まだ今日のメールでもピーク続いてましたし調子も維持できていますので中1週でいきます。
騎手の方は短中のパラがUP。
これで短中はAに。
あとちょっと頑張れ。
今日は前記の騎手パラUPのための馬が出走。
1番人気でしたが2番人気もそう差のない人気で、しかも初期馬っぽいんですよね。
嫌な感じがします。

今日のメールでは上の馬とハナノイノチはまだピークでした。
次のメールでもピークならどうするか検討しないといけません。
走らせて勝ち星あげたい気もありますが今シーズン中に1頭づつ作っておいて牝馬なら繁殖へあげたいんですよね。
あと超早熟(であろう)のトゥルーブレイズがどこまでピークが続くのかも見てみたいですし。
悩むところです。

2歳では相変わらずアガートラムはやんちゃでしたが調教完璧から変わりちょっと調教できるように。
ゲート覚えてしまいぶくぶく太っていたのでこれで少しは痩せられます。
サクセサーの方は調教やることなくなってしまいました。
あとゲートがちょこっと鍛えられるくらい。
今日調子が◎の段階で時計計ったらそこそこやれる時計。
明日軽くゲート調教して疲労0でレース出せるのであれば自分の力は出し切れそうです。
気が早いのですが東スポ杯2歳Sに登録しました。
クシコスポスト、プライムセレクト、ウォルターフェンと札幌2歳S組は強いですがどこまでやれるか。

馬主会の仲間の話ではマイケル富岡(中の人はダチョさん)さんが300勝到達でレベル16になりました。
このゲームの最高レベルなんでしょうか?
300勝かぁ、リアル2年くらいっていってましたから私がその勝ち星になるとすると再来年初めくらい?
そこまでこのゲームやってるかな?
それ以前にこのゲーム配信が止まりそうですが。
配信止まるまでにどこまでいけるかやってみます。

ミフミさんのハローポイントはG1 2勝目をかけて天皇賞へ出走。
しかし不利枠がたたったようですね。
勝った馬は秋華賞勝ち馬。
このゲーム的には3歳牝馬には中1週とローテ組みやすいレースで3歳牝馬が結構勝っている感じです。
[PR]

by lastblaze | 2006-10-30 08:43 | 競馬伝説
2006年 10月 28日

今日は勝てず…

今日は2頭出しでしたが1頭も勝てず。
オープンのオパールSはちょっと人気あってもきついかな、と思っていましたが見勝利も負けるとは。
あわよくば今日でレベル10いくかな、と思っていましたが無理でしたね。
ここのところ出したら勝ち、みたいなのがつづいていたので調子乗りすぎていたのでしょう。
とりあえずハナノイノチは調子落ちでしょうから一度放牧。
未勝利戦の馬は続戦といきます。

エルシエロ厩舎の方も2頭出ししていたのですがこちらは1勝。
どちらかは勝ってくれるだろうと踏んでいたので1勝というのは予定通りだったのですが、
勝った馬というのが予定していなかった馬。
出来れば皐月、優駿に出走できる最後のチャンスであった今日勝ちたかったのですが。
長めの距離を走る馬ですので。
これでエルシエロ厩舎は31勝。
エスケープハッチ厩舎より先に地方卒業してしまいました。
ただメインの厩舎の方に走ると思われている馬引き抜いているので正直2軍扱いのような感じ。
この厩舎はレベル9以上になれるのでしょうか。
1頭走るのがいれば状況変わるのでしょうが。
今いるメンバーにそれくらいの馬いるのかな?
いない時は来シーズン生産頑張ってみます。


BCマイルは馬主会のイナバさんのマカロニピッツァとダチョウ倶楽部さんのブリリアントカットの一騎討ち。
(他はシステム馬でしたから)
結果の方は安田記念の雪辱をブリリアントカットが果たしました。
古馬の貫禄を見せたということでしょうか。
時計は1.30.5、とんでもない時計ですわ。
もうそろそろピーク落ちしてもいいとは思うのですが。
これで次はマイルCSのようです。
G1連勝いけるのでしょうか。
マカロニピッツァの方はこのレースが目イチだったらしくマイルCSへの参戦は流動的。
3度激突といって欲しいのですがどうなるでしょう。
負けたイナバさんは「おt」という言葉を残して去っていきました。

続く菊花賞はうちの生産したインスマウス(ダチョウ倶楽部厩舎所属)が出走。
ダチョさんはダブルカンヌの方が強いと言って今したが1番人気はこちら。
レースの方は先にインスマウスの方が抜け出したのですがダブルカンヌがそれを追い詰める。
並ばれてから一度インスマウスの方が勝負根性を見せて抜け出したのですが、
またダブルカンヌの方が伸び、そしてまたインスマウスが追い詰めたのですがそこがゴール。
残念ながら2着になりました。
勝ちタイムは1,2着同タイムの3.02.3のエプソムサーバーレコード。
とんでもない時計でしたね。
インスマウスの次走は未定。
長距離しか走らないようですのでローテに悩むところでしょうか。
ちなみにダチョさん、イナバさんと同じように負けたのが分かったら「おt」という言葉を残して去っていきました。


また今日新人さん入ってきました。
このゲーム始めたばかりということでしたが幾らなんでもひどすぎ。
出来ればもう少しこのゲームのマニュアル(公式HPにあるやつとか)読んできて欲しいですね。
無料でこのゲームをやるのであればお金を馬券で増やしていかないといけません。
大体平場のレースの単勝1→2人気の馬単を買っていけば儲けが出る仕様になっているようなのですが
それすら面倒くさい、時間がない、と。
それで高い繁殖欲しいとか言ってもねぇ。
続ける気があるのか分かりませんがはっきりいって向いてませんよ。
[PR]

by lastblaze | 2006-10-28 22:40 | 競馬伝説
2006年 10月 28日

3頭だし

一口馬がだいぶ厩舎に帰ってきて出走体制が整ってきています。
今週は3頭だし。

もう結果出ていますけど京都2Rにグランメルヴィーユ、京都8Rにウインプログレスが出走しています。
明日はウインルーシッドが福島で3歳上500万下に出走。

まずグランメルヴィーユ。
中断前目にいて末にかけたのですが思うような伸びは見せられず。
最後ゴール少し手前で追うのを止め4着になった馬にハナ差され5着に。
4着でも優先出走権は取れませんが賞金が4着と5着では違います。
ゴール過ぎるまできっちりと追ってくれてると良かったのですけどね。

ウインプログレス。
本来は福島での出走を目指していたのですが12/13の抽選にもれ京都のレースに回ってきました。
輸送で馬体が減るのを見越した調整でしたので太目残り。
全体に速い時計のレースで終いにかけるこの馬には不向きなレースになりました。
まずまずのレースであったとは思いますので次期待します。

メール
10/28(土) 京都 8R 3歳以上1000万下 ダ 1800 57 四位 洋文 7/15着

四位洋文騎手
 道中も速いし、上がりも速い、この馬にとっては厳しい競馬になったけど、最後までレースを投げ出さずによく頑張っていると思う。
伸びているとは言えないけど、バテもしなかったからね。
1000万条件の中央場所だと平場でもこういう揃ったメンバーになるから、プログレス向きの展開というヤツにはなかなかはまらないとは思うんだけど、条件さえピタッと揃えば、一発はありそうだよね。
それに今日は休み明け。これで体も締まってくるだろうし、次が上がりのかかる展開になれば楽しみがあるんじゃないかな。

WRC調教デスク・岡林の目
 福島を使うつもりでたった1頭の除外になる不運。
その後に再投票で京都のここを使いました。
そういうわけで、輸送で減るはずだった分が太めで残ってしまった感はありました。
そのうえ、49秒0-36秒9という速い上がり時計。全体の時計も速かったですから、四位騎手が言うように、いまのプログレスには一杯一杯の対応だったと思います。
しかし、渋太く頑張りきった内容は悪くありません。
夏場のリフレッシュ効果は十分だったようです。

最後は明日走るウインルーシッド。
出走枠がなかったので未勝利戦には出走できず。
枠がある500万下に出走です。
出戻り制度を使うかそのまま引退するかを見定めるレースということで勝負は度外視です。
出戻り制度使用になると権利を放棄するのかどうかクラブから聞いて来る事になります。
もしそのような事になったら今の所権利放棄(未勝利引退の処理が行われ補償が発生)するつもりですが
明日いいレースできれば考えが変わるかも。

今日の重賞武蔵野Sはクロフネ再びということでフサイチリシャールが抜けた人気になっていました。
結果は父のようなパフォーマンスは見せられず。
3歳になってから勝ってませんね。
陣営もどこ使えばいいか試行錯誤しているようです。
何とか復活して欲しいですね
買ったシーキングザベスト、ウインセイヴァーと走った事がありリアルで一度見ています。
あの時はすごい脚使って直線セイヴァーを抜き差っていきました。
あれは強いと思っていましたが重賞勝ち馬になりました。
これでまた地方重賞荒らす馬が1頭森厩舎から出てきましたね。
また黒船賞森厩舎の馬ばかりでJRA枠潰されそうです。
[PR]

by lastblaze | 2006-10-28 16:38 | 一口
2006年 10月 27日

人気に応えて

今日出走のトゥルーブレイズは人気に応えて勝ってくれました。
これで4勝目、オープン入りです。
予定通りスワンSに向かいます。
どこまでやれるでしょうかね?

今シーズンの勝ち星もこれで13勝。
ここまで来たらあと2つ今シーズン中に勝ちますよ。

秋華賞はミフミさんのハローポイントがG1連勝をかけて出走しましたが不利枠もたたったのか
勝てませんでした。
勝った馬は父アレックス、母の父ジャックカルチェとVIPに縁のある血統。
何でこんな血統馬が馬主会にいないんでしょうね。
[PR]

by lastblaze | 2006-10-27 23:49 | 競馬伝説
2006年 10月 27日

またパラUP

昨日ハナノイノチが勝ってくれたおかげで今日のメールがちょっと楽しみでした。
ウインディ厩舎に調教のため行くと、騎手からのメールが。
「芝のレースなら世界でもトップクラス~」とのお言葉。
これで先行、芝のレースは距離によって自信度の差はありますが馬の力をフルに出せるように。
後は短、短中を上げて中距離をあげられるところまであげるだけです。
先行のパラは今まで何頭か引退したパラアップのための馬の補助もありましたが、
芝のレースへの出走はハナノイノチ、トゥルーブレイズの2頭のみ。
ほぼ1Sでうちの騎手を一人前に育て上げてくれました。
うちの牧場の功労馬です。

今日はトゥルーブレイズが準オープン出走。
勝ってくれればいいのですけど勝てなくてもこの後スワンSに向かいます。
なかなか難しいでしょうけどオープンや重賞もし勝てたら箔がつくので頑張って欲しいですね。
[PR]

by lastblaze | 2006-10-27 08:20 | 競馬伝説
2006年 10月 26日

12勝目

今日出走したハナノイノチ、人気に応えて勝ってくれました。
これで12勝目です。
中1週でオープンのレースがありますので格上挑戦ですがそこ使ってみます。
明日出走するトゥルーブレイズも中1週でスワンSへ。
多分使うだけだと思いますが使わないと勝つ権利すらもらえませんからね。


サクセサーは今日調子がピークを迎えました。
1800mは1分44秒台、2000mは1分56秒台に突入しました。
東スポ杯までにあとどれくらい伸びるでしょう?
[PR]

by lastblaze | 2006-10-26 23:44 | 競馬伝説
2006年 10月 26日

まだピーク

朝書いていた馬、ハナノイノチとゴドルセールで買ったトゥルーブレイズ、今日のメールでもピークでした。
今までうちで世話した馬は全部ピーク期間が短く、そして超早熟馬は春先にピークアウトしていたのですが
この2頭はうちの厩舎では異質の馬たちのようです。
特にトゥルーブレイズは丸々1シーズン以上ピークが続いています。

今までも書いているようにこの馬たちは騎手の先生役ですがそのおかげでめきめき実力つけています。
この2頭がピークアウトするまでにパラが伸びきったらオープンでもやれるのかもしれません。
そうなれば騎手からの恩返し(?)が出来るかもしれませんね。
ただ何とかこの2頭の後継馬を今シーズンのうちに1頭ずつ作りたいな、と思っているのでピークが続き
現役引退できないのもちょっと悩ましいところではあるのですがね。


それから馬主会のメンバーの話。
なんか馬主会の仲間複数人があるメンバーの無視リストに入っているようです。
同じ馬主会に入っている仲間を無視リストに入れるか?と思っていますよ。
一度も話したことありませんしね。
フリレでもなにか妙なことしていますし。
いったい何がしたいんでしょうか?
[PR]

by lastblaze | 2006-10-26 12:54 | 競馬伝説